川村 曼舟(読み)カワムラ マンシュウ

20世紀日本人名事典の解説

川村 曼舟
カワムラ マンシュウ

大正・昭和期の日本画家 京都市立絵画専門学校教授;京都美術工芸学校校長。



生年
明治13(1880)年7月9日

没年
昭和17(1942)年11月7日

出生地
京都

本名
川村 万蔵

経歴
明治31年山元春挙の画塾早苗会に入り、春挙の死後その指導者となった。41年文展2回展から出品大正8年から文展、帝展の審査員を務め、11年京都市立絵画専門学校教授、後校長となり、京都美術工芸学校校長も務めた。昭和5年イタリアの日本画展に「晃雲暁靄」を出品、6年帝国美術院会員。作品は他に「比叡三題」「竹生島」「古都の春」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

川村 曼舟 (かわむら まんしゅう)

生年月日:1880年7月9日
大正時代;昭和時代の日本画家。京都市立絵画専門学校教授
1942年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android