コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川村 純義 カワムラ スミヨシ

1件 の用語解説(川村 純義の意味・用語解説を検索)

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

川村 純義
カワムラ スミヨシ


肩書
枢密顧問官,海軍卿

生年月日
天保7年11月11日(1836年)

出身地
薩摩国(鹿児島県)

経歴
明治維新に際し、志士として奔走し、戊辰戦争においては、東北各地で戦功をあげた。明治2年兵部大丞に任ぜられる。3年海軍掛となり、以後海軍に専従。5年海軍少輔、7年海軍中将兼海軍大輔となり、10年西南戦争で活躍。11年以降、海事卿となり、各鎮守府設置に尽した。17年伯爵を授けられ、翌18年宮中顧問官となる。21年枢密顧問官に任ぜられ、34年皇孫の養育主任となった。没後大将に昇進。これは他に類を見ない。

没年月日
明治37年8月12日

家族
父=川村 与十郎(海軍大将)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)
(C) 2003 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川村 純義の関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)総合年表(北・東・東南アジア)日本年号一覧姓名/日本のおもな姓氏季語総合年表(アメリカ)総合年表(西・南アジア)日本名数小辞典日本神話の神々

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川村 純義の関連情報