コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川渡[温泉] かわたび

1件 の用語解説(川渡[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かわたび【川渡[温泉]】

宮城県北西部,玉造郡鳴子町にある温泉。鳴子温泉郷の入口にあり,1000年の歴史をもつという東北の名湯で,〈脚気川渡,カサ鳴子〉と称された。江戸時代後期には仙台藩御用の湯とされ,当時は最上街道が荒雄川の対岸を通っていたため川渡の名がついたといわれる。重曹硫化水素泉,52~60℃。陸羽東線川渡駅の南西2km,中森山の山すそにあって,いまだに閑静な湯治場の雰囲気を残している。【谷沢 明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の川渡[温泉]の言及

【鳴子[町]】より

…近世には最上街道(羽前街道)の尿前(しとまえ)の関(番所)が置かれ,芭蕉が〈蚤虱馬の尿(ばり)する枕もと〉(《おくのほそ道》)の句を残している。豊富な温泉群は鳴子温泉郷と鬼首(おにこうべ)温泉郷に大別され,前者は古くから玉造八湯と呼ばれる鳴子(単純泉,含ボウ硝食塩泉など9種,35~100℃),東鳴子(単純泉,重曹泉,50~80℃),川渡(かわたび)(重曹硫化水素泉,52~60℃),中山平(単純泉,68~100℃)の諸温泉を含み,湯量が多く,効能も多様であり,東鳴子を除いて国民温泉に指定されている。鬼首の雌釜・雄釜間欠泉(特天),酸性度の高いことで著名なカルデラの潟沼,中山平の熱帯植物園,鳴子峡など観光資源に富んでおり,アーチ式の鳴子ダムもある。…

※「川渡[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川渡[温泉]の関連キーワード荒雄岳川原湯温泉鳴子温泉鳴子峡法師温泉湯村温泉袋田温泉鬼首温泉潟沼玉造温泉郷

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone