コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川湯温泉 かわゆおんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川湯温泉(和歌山県)
かわゆおんせん

和歌山県南東部、田辺(たなべ)市本宮(ほんぐう)町川湯の温泉。熊野川支流大塔(おおとう)川の北岸に旅館が並ぶ。川原の砂を掘れば70℃以上のアルカリ性の単純温泉が湧出(ゆうしゅつ)するので川湯という。江戸初期の文書に温泉の記録があり、『紀伊続風土記(ふどき)』に「旅舎十余戸」とある。川原の露天風呂に風情がある。冬季には川をせき止め、仙人風呂とよばれる大きな露天風呂がつくられる。国民保養温泉地に指定され、JR紀勢本線紀伊田辺駅、新宮駅からバスの便がある。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

川湯温泉の関連キーワード本宮(和歌山県)紀伊続風土記

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川湯温泉の関連情報