川瀬 一馬(読み)カワセ カズマ

20世紀日本人名事典の解説

川瀬 一馬
カワセ カズマ

昭和期の書誌学者,国文学者 青山学院女子短期大学名誉教授。



生年
明治39(1906)年1月25日

没年
平成11(1999)年2月1日

出生地
東京・赤坂表町

別名
筆名=柚廼舎(ユズノヤ)

学歴〔年〕
東京文理科大学国語学国文学科〔昭和7年〕卒

学位〔年〕
文学博士〔昭和29年〕

主な受賞名〔年〕
帝国学士院賞〔昭和12年〕「古活字版之研究」,日本図書館協会総裁賞〔昭和19年〕,紫綬褒章〔昭和42年〕,青山学院学術褒賞〔昭和43年〕,勲三等旭日中綬章〔昭和51年〕

経歴
東京文理科大学助手を経て、昭和25年青山学院女子短期大学教授。49年退職、のち静岡英和女学院院長・短期大学学長を歴任。版本、写本などに関する調査や古活字版の研究で知られた。主著に「日本書誌学之研究」「古活字版之研究」「能楽論随想」「日本文化史」「日本書誌学用語辞典」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

川瀬 一馬 (かわせ かずま)

生年月日:1906年1月25日
昭和時代の書誌学者;国文学者
1999年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android