川瀬 里子(読み)カワセ サトコ

  • 川瀬 里子 (かわせ さとこ)

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の箏曲家



生年
明治6年9月3日(1873年)

没年
昭和32(1957)年8月15日

出生地
熊本県松橋

旧姓(旧名)
中山

経歴
4歳の時失明、6歳で三弦を九州系の長谷幸輝師事、明治33年ごろ上京し、吉田久子に名古屋系生田流箏組歌を習った。一時帰郷したが35年再び上京、地歌、箏曲を教えた。37年尺八家の初代川瀬順輔と結婚、九州系地歌、箏曲を東京に広めた。また地歌三味線の改良を手がけ、三弦師鶴屋の協力で、一分五厘台の現在の地歌三味線と、鉛駒、九州撥の型を作った。昭和22年里心会を結成太田里子、阿部桂子らの門下生を育てた。三曲協会相談役。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
箏曲家

専門
地歌

旧名・旧姓
中山

生年月日
明治6年 9月3日

出生地
熊本県 松橋

経歴
4歳の時失明、6歳で三弦を九州系の長谷幸輝に師事、明治33年ごろ上京し、吉田久子に名古屋系生田流箏組歌を習った。一時帰郷したが35年再び上京、地歌、箏曲を教えた。37年尺八家の初代川瀬順輔と結婚、九州系地歌、箏曲を東京に広めた。また地歌三味線の改良を手がけ、三弦師鶴屋の協力で、一分五厘台の現在の地歌三味線と、鉛駒、九州撥の型を作った。昭和22年里心会を結成、太田里子、阿部桂子らの門下生を育てた。三曲協会相談役。

没年月日
昭和32年 8月15日 (1957年)

家族
夫=川瀬 順輔(初代)(尺八奏者)

伝記
阿部桂子 地歌とともに九十年 地歌とともに九十年刊行会 編(発行元 中日新聞本社 ’92発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1873年9月3日
明治時代-昭和時代の箏曲家
1957年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android