川瀬 順輔(1代目)(読み)カワセ ジュンスケ

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の尺八奏者 琴古流宗家。



生年
明治3年10月10日(1870年)

没年
昭和34(1959)年3月27日

出生地
山形県山形市

別名
号=竹友

経歴
虚無僧榊原三虚山に尺八を学び、21歳の時上京、2代荒木古童(竹翁)に入門、24歳の時、上原六四郎に点符式尺八楽譜を習った。師と共に普化宗廃止後の尺八の普及に努め、地歌箏曲と合奏する外曲を広めた。明治33年から虚無僧として全国を行脚、35年東京で道場を開き、37年から新しい点符式尺八楽譜を刊行、琴古流竹友社を創設した。全国の門弟を集め竹盟社の山口四郎、鈴慕会の青木鈴慕(初代)勅使川原笛友、内田秀童らの逸材を排出した。妻里子は明治以後、九州系地歌を東京に広めた長谷幸輝門下の名手で、三曲界のおしどり夫婦として重きをなした。三曲協会副会長。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android