川瀬 順輔(2代目)(読み)カワセ ジュンスケ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の尺八奏者 琴古流宗家。



生年
明治39(1906)年2月9日

没年
昭和52(1977)年11月30日

本名
川瀬 悌二

経歴
勅使川原笛友に尺八を学び、初代川瀬順輔に師事、昭和3年川瀬の長女初子と結婚、川瀬家に入籍、12年家督を継いで竹友社社主となった。初代の死後、35年に2代目順輔を襲名した。日本三曲協会、琴古流協会の各常任理事を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
尺八奏者

肩書
琴古流宗家

本名
川瀬 悌二

生年月日
明治39年 2月9日

経歴
勅使川原笛友に尺八を学び、初代川瀬順輔に師事、昭和3年川瀬の長女初子と結婚、川瀬家に入籍、12年家督を継いで竹友社社主となった。初代の死後、35年に2代目順輔を襲名した。日本三曲協会、琴古流協会の各常任理事を務めた。

没年月日
昭和52年 11月30日 (1977年)

家族
息子=川瀬 康輔(尺八奏者),川瀬 順輔(3代目)

親族
息子の嫁=川瀬 白秋(2代目)(箏曲家)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android