川田 多三郎(読み)カワダ タサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

川田 多三郎
カワダ タサブロウ

明治〜昭和期の技術者 海軍技師。 潮汐測定の権威。



生年
明治16(1883)年

没年
昭和9(1934)年8月6日

出生地
香川県仲多度郡与島村

学歴〔年〕
東京物理学校(現・東京理科大学)〔明治18年〕卒

経歴
海軍水路部に入り、昭和6年海軍技師となる。28年間在職し、潮汐測定技術の専門家として知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android