川端商店街

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

川端商店街

JR博多駅から1キロほど離れた福岡市の中心部にある。アーケードの長さは南北に約400メートル、店舗数は約100。同市によると、戦前から店が立ち並んでにぎわっており、組合発足は1971年4月。明治通りと国体道路に挟まれ、近くには博多祇園山笠で有名な櫛田神社博多座などがある。大型複合商業施設のキャナルシティ博多が96年に開業した際は、「地下鉄からの通り道」とアピールし、大規模店と連携する街づくりを進めた。全国から商店街関係者が視察に訪れている。

(2010-03-01 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川端商店街の関連情報