コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川端商店街

1件 の用語解説(川端商店街の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

川端商店街

JR博多駅から1キロほど離れた福岡市の中心部にある。アーケードの長さは南北に約400メートル、店舗数は約100。同市によると、戦前から店が立ち並んでにぎわっており、組合発足は1971年4月。明治通りと国体道路に挟まれ、近くには博多祇園山笠で有名な櫛田神社や博多座などがある。大型複合商業施設キャナルシティ博多が96年に開業した際は、「地下鉄からの通り道」とアピールし、大規模店と連携する街づくりを進めた。全国から商店街関係者が視察に訪れている。

(2010-03-01 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川端商店街の関連キーワード博多博多津ほどろほどろJR博多駅の駅ビル建て替え博多駅の歴史九州新幹線鹿児島ルート

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川端商店街の関連情報