川谷 拓三(読み)カワタニ タクゾウ

20世紀日本人名事典の解説

川谷 拓三
カワタニ タクゾウ

昭和・平成期の俳優



生年
昭和16(1941)年7月21日

没年
平成7(1995)年12月22日

出生地
旧満州・新京

出身地
高知県安芸郡安芸町(現・安芸市)

本名
仁科 拓三

学歴〔年〕
安芸中〔昭和31年〕卒

主な受賞名〔年〕
京都市民映画祭助演男優賞〔昭和50年〕「県警対組織暴力」

経歴
敗戦とともに高知県安芸市へ引き揚げる。昭和35年東映京都撮影所に入社。15年の大部屋生活を経て、映画「仁義なき戦い」シリーズで見い出され、49年「史上最大のヒモ・濡れた砂丘」で映画初主演。50年大部屋仲間の室田日出男、志賀勝らと脇役集団・ピラニア軍団を結成。同年テレビドラマ「前略おふくろ様」で一躍脚光を浴びた。51年CM「日清きつねどん兵衛」が評判となる。53年NHK大河ドラマ「黄金の日々」に出演。ほかの代表作に「鉄砲玉の美学」「愛の亡霊」「薄化粧」「仔鹿物語」など。54年の原田真人監督「さらば映画の友よ・インディアンサマー」で主役の映画狂の男は彼のモデルだといわれる。著書に「ひらがな人生」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

川谷 拓三
カワタニ タクゾウ


職業
俳優

本名
仁科 拓三

生年月日
昭和16年 7月21日

出生地
旧満州・新京

出身地
高知県 安芸郡安芸町(安芸市)

学歴
安芸中〔昭和31年〕卒

経歴
敗戦とともに高知県安芸市へ引き揚げる。昭和35年東映京都撮影所に入社。15年の大部屋生活を経て、映画「仁義なき戦い」シリーズで見い出され、49年「史上最大のヒモ・濡れた砂丘」で映画初主演。50年大部屋仲間の室田日出男、志賀勝らと脇役集団・ピラニア軍団を結成。同年テレビドラマ「前略おふくろ様」で一躍脚光を浴びた。51年CM「日清きつねどん兵衛」が評判となる。53年NHK大河ドラマ「黄金の日々」に出演。ほかの代表作に「鉄砲玉の美学」「愛の亡霊」「薄化粧」「仔鹿物語」など。54年の原田真人監督「さらば映画の友よ・インディアンサマー」で主役の映画狂の男は彼の自画像だといわれる。著書に「ひらがな人生」がある。

所属団体
日本俳優連合

受賞
京都市民映画祭助演男優賞〔昭和50年〕「県警対組織暴力」

没年月日
平成7年 12月22日 (1995年)

家族
父=川谷 庄平(映画撮影監督),妻=仁科 克子(元女優),長女=仁科 ふき(女優),長男=仁科 貴(俳優)

伝記
あなたの想い出―Memories of You脇役の美学かんにんな…―ガン死の夫へ 妻の弔辞3000回殺された男―拓ボンの体当たり映画人生映像のスリット―わが映画人生 高平 哲郎 著田山 力哉 著仁科 克子 著川谷 拓三 著中島 貞夫 著(発行元 晶文社講談社光文社サンマーク出版芸艸堂 ’00’96’96’91’87発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

川谷 拓三 (かわたに たくぞう)

生年月日:1941年7月21日
昭和時代;平成時代の俳優
1995年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川谷 拓三の関連情報