コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川辺川ダムと福永市長

1件 の用語解説(川辺川ダムと福永市長の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

川辺川ダムと福永市長

国土交通省が熊本県五木、相良両村に計画している九州最大規模のアーチ式ダム。総貯水量は1億3300万立方メートルで、完成すれば五木村中心部の大半が水没する。目的の一つである利水事業の混乱などで本体着工が4年遅れているが、川辺川を含む球磨川水系の新治水方針案でダム計画はほぼ追認されている。福永市長は流域12市町村が加わる川辺川ダム建設促進協議会の会長を務め、大きな発言力を持っていた。だが、3月に代表理事を務める人吉球磨広域行政組合のごみ焼却施設の重油納入の業者選定に絡み、業者に便宜を図った謝礼として現金50万円を受け取った収賄容疑で県警に逮捕、起訴された。

(2007-04-14 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川辺川ダムと福永市長の関連キーワード管轄船舶検査国土交通省MOC国土交通大臣国土交通大臣免許五木村と川辺川ダム計画川辺川ダム計画川辺川利水事業計画川辺川ダム問題

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone