コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川辺川利水事業計画

1件 の用語解説(川辺川利水事業計画の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

川辺川利水事業計画

建設省(国土交通省)が66年に治水ダムとして発表した川辺川ダム計画に追加された。84年に計画が確定したが、ダム反対派が起こした川辺川利水訴訟で、農林水産省が農家の同意取得手続きの不正を指摘されて敗訴し、いったん白紙となった。その後、ダムから取水する案(事業費492億円)、堰(せき)を造って取水する案(同359億円)などが議論され、最終的に民間発電所の施設を利用する案(同363億円)に一本化されたが、最大受益地である相良村の離脱表明で事業は頓挫。今年1月にはダム計画から切り離された。

(2007-08-24 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone