川那辺 貞太郎(読み)カワナベ テイタロウ

20世紀日本人名事典「川那辺 貞太郎」の解説

川那辺 貞太郎
カワナベ テイタロウ

江戸時代末期・明治期の新聞記者



生年
慶応3年(1867年)

没年
明治40(1907)年6月20日

出生地
近江国(滋賀県)

学歴〔年〕
明治法律学校(明治大学)卒

経歴
旧膳所藩士。若くして上京し、杉浦重剛の称好塾に学ぶ。はじめ、京都の「開明新聞」にをとり、明治23年「日本」新聞に入る。25年大阪朝日新聞社に転じ、楽庵と称して論文雑録経世の意見を発表。のち「日本」新聞に戻ったが、35年再び大阪朝日新聞社に入り、京都支局長を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる