コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巡らふ・回らふ めぐらう

大辞林 第三版の解説

めぐらう【巡らふ・回らふ】

( 動四 )
〔「巡る」に継続の助動詞「ふ」の付いたもの〕
巡回する。めぐる。 「とのゐたしかに-・ひてさぶらはせ/浜松中納言 3
ためらう。逡巡しゆんじゆんする。 「入鹿が威に畏おそりて、-・ひて進まざる/日本書紀 皇極訓
生きながらえて世にある。 「生きて世に-・ふべき心地もし侍らざりしかど/大鏡 藤氏物語

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

巡らふ・回らふの関連キーワード大鏡

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android