コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巡る・回る・廻る めぐる

大辞林 第三版の解説

めぐる【巡る・回る・廻る】

( 動五[四] )
物の周囲をたどって進む。 「池を-・る」
一定の経路に従って進んでもとに戻る。 「血液が体内を-・る」 「季節が-・る」
あちらこちらと移り動く。 「秘湯を-・る旅」 「をみなへし咲きたる野辺を行き-・り/万葉集 3944
物のまわりを取り囲む。 「池を-・る小道」 「本堂を-・る廊下」
ある事を中心としてつながり合う。 「入札を-・る疑惑」 「賛否を-・って議論が白熱する」
回転する。 「思ふやうに-・りて、水を汲み入るる事/徒然 51
輪廻りんねする。 「六道四生に-・る事もまた、財を貪るに依りて有る事也/今昔 4
生き長らえる。 「我かくて憂き世の中に-・るとも/源氏 手習
時がたつ。 「雲の上に千代を-・らむ初めとて/増鏡 さしぐし」 〔「巡らす」に対する自動詞〕
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android