コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巡察使[日本] じゅんさつし[にほん]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巡察使[日本]
じゅんさつし[にほん]

古代,諸国を巡察して,国郡司の治政の調査にあたった官。持統8 (694) 年が初見。令制では太政官に所属。天長7 (830) 年以後は所見がない。近代になって明治2 (1869) 年3月奥羽の治政巡察のため,奥羽民政巡察使を設置,短期間に幾変遷を経て,同年7月按察使がおかれて廃止。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android