コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左様・然様 さよう

大辞林 第三版の解説

さよう【左様・然様】

( 形動 ) [文] ナリ 
前の内容を受けて、「そのような」「そのとおりの」の意に用いる。 「 -なことは存じません」 「 -なる人になりては、ドメニカが許には居られぬにや/即興詩人 鷗外
( 感 )
相手の話を肯定するときに用いる。古風な言い方。そうだ。そのとおり。 「 -、私が致しました」
物を思い出したりしたときに用いる。そうそう。そういえば。 「 -、あれは私が八歳の時のことでした」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報