巨海慈航(読み)こかい じこう

美術人名辞典の解説

巨海慈航

江戸時代の臨済宗の僧。巨海は字、慈航は諱。安芸仏通寺で業を受け、誠拙周樗・清蔭音竺に参じ、清蔭の法を受ける。武蔵山田広園寺に住したが、京都南禅寺僧堂の請を受けて『五祖録』を講じ、のち南禅寺住持に任じられ三百二十一世となる。晩年は再び広園寺に住する。明治7年(1874)寂、74才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android