コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差し出し・差出し・指出 さしだし

大辞林 第三版の解説

さしだし【差し出し・差出し・指出】

差し出すこと。
(「指出」と書く)中世後期、上級権力の要請で提出された面積・作人・年貢高などの土地関係書類。戦国大名の検地はこれにもとづいて行われた。
母屋もやから張り出した部分。さしかけ。下屋げや
歌舞伎で、花道の出などに俳優の顔をよく見せるために、後見が長い柄の燭台につけた明かりを差し出すこと。また、その明かり。面つら明かり。つらび。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

差し出し・差出し・指出の関連キーワード戦国大名歌舞伎母屋花道後見検地指出燭台作人

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android