コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差し控え・差控え さしひかえ

大辞林 第三版の解説

さしひかえ【差し控え・差控え】

さしひかえること。
江戸時代の刑罰の一。公家もしくは武士が、職務上に過失があったとき、出仕を禁じ、自宅で謹慎させたこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

差し控え・差控えの関連キーワード江戸時代武士過失刑罰出仕公家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android