コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差し矢・差矢 さしや

大辞林 第三版の解説

さしや【差し矢・差矢】

近世の競技用の矢。矢柄は細く、焦篦こがしのを用いる。通し矢に使用した。繰り矢。
次々と矢継ぎ早に矢を射ること。また、その矢。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

差し矢・差矢の関連キーワード通し矢矢柄