コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差し金・差金・指矩 さしがね

大辞林 第三版の解説

さしがね【差し金・差金・指矩】

(「指矩」とも書く)大工の使う鋼または黄銅製の L 字形の物差し。まがりがね。かねざし。 → 曲尺かねじやく
より転じて)陰にいて人をそそのかし操ること。 「こんなことをしたのは誰の-か」 「いらざる-」
操り人形で、人形の手首や指を操作する棒。
黒塗りの竿さおの先に針金をつけた芝居の小道具。陰火やチョウを飛ばしたり、ネズミなど小動物を動かしたりするのに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

差し金・差金・指矩の関連キーワードまがりがね操り人形チョウ小道具物差し陰火字形

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android