差金決済取引(CFD)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

差金決済取引(CFD)

現物の受け渡しをせず、売買の利益や損失のみを決済する取引。市場価格を指標に、証券会社など取扱業者と顧客が相対取引を行い、買った時の価格より高く売れば差金をもらい、低く売れば差金を支払う。業者に預けた証拠金を元手にその数倍から数十倍の金額の取引ができるが、損益の計算方法が複雑で、リスクも高い。金や原油、大豆など商品市場の値動きに投資する「商品CFD」のほか、上場株式の株価などを指標にする「証券CFD」などがある。

(2011-01-12 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android