コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差額関税制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

差額関税制度

国産と比べて安い外国産の豚肉を輸入する場合、国内価格を参考に決めた「基準価格」との差額を関税として徴収する制度。1971年の豚肉輸入自由化の際、国内の養豚農家を保護する狙いで導入した。輸入価格が基準価格(現在は1キロ546.53円)より低い場合、差額がそのまま関税額となる。基準価格の水準より高い場合は一律4.3%の関税率がかかる。

(2014-04-17 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

差額関税制度の関連情報