コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差髱 さしづと

大辞林 第三版の解説

さしづと【差髱】

江戸時代、寛延・宝暦(1748~1764)頃に起こった、髱たぼのかもじ。
歌舞伎の鬘かつらの一。髱を丸く突き出し、鬢びんは粗櫛あらぐしを入れたようにしたもの。御殿女中の役などが用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android