コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻き筆・巻筆 まきふで

大辞林 第三版の解説

まきふで【巻き筆・巻筆】

芯を立てて紙で巻き、その周囲に獣毛を植えて穂を作った筆。明治初期まで和様書道で使われた。
軸を色のついた糸で巻いて飾った筆。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

巻き筆・巻筆の関連キーワード和様書道獣毛

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android