市之瀬 広太(読み)イチノセ ヒロタ

20世紀日本人名事典の解説

市之瀬 広太
イチノセ ヒロタ

昭和・平成期の彫刻家 名古屋芸術大学名誉教授。



生年
明治42(1909)年8月20日

没年
平成7(1995)年2月23日

出生地
岐阜県瑞浪市

学歴〔年〕
多治見工業学校(現・多治見工)〔昭和2年〕卒

主な受賞名〔年〕
日展特選〔昭和29年〕「流想」,日展菊華賞〔昭和37年〕「破る」,岐阜県文部大臣賞,構造賞

経歴
東京の陶器会社に入社後、本格的に彫刻を始め、昭和21年「女の座像」で日展に初入選。43年から16年間名古屋芸大の教授を務め、のち同大名誉教授に。平成元年瑞浪市に作品約100点を寄贈、3年市之瀬広太記念館が建てられ、作品が展示される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android