コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市乾鹿文/市鹿文 いちふかや/いちかや

1件 の用語解説(市乾鹿文/市鹿文の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

市乾鹿文/市鹿文

『日本書紀』に見える,熊襲の首長八十梟帥(クマソタケルとも)のふたりの娘。熊襲を征討しようとした景行天皇は,多くの兵士の動員は人民の負担を大きくするので,軍を動かさずにこれを征討するために一計を案じ,ヤソタケルの娘のイチフカヤとイチカヤを自分のもとへ召し上げて,姉のイチフカヤを寵愛した。すると,イチフカヤは兵士を伴って家に帰って父を酒で酔わせたうえ,父の弓の弦を切った。このときに,彼女に随行していた兵士が,寝込んだ父を殺害した。天皇は,この不孝を憎んで彼女を殺し,妹のイチカヤを肥国の国造に与えた,と伝えられる。天皇が人民の負担を避けようとしたというのは天皇の徳を強調するための話だろうし,イチフカヤの不孝を憎んだというのは儒教思想による潤色だろう。

(佐佐木隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市乾鹿文/市鹿文の関連キーワード磐余川上梟帥日本書紀通釈日本書紀通証八十梟帥厚鹿文市鹿文市乾鹿文熊曾建道臣命

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone