市原 豊太(読み)イチハラ トヨタ

20世紀日本人名事典の解説

市原 豊太
イチハラ トヨタ

昭和期のエッセイスト 独協大学名誉教授;元・東京大学教授。



生年
明治35(1902)年6月22日

没年
平成2(1990)年8月14日

出生地
東京

別名
筆名=吉備 真庭(キビ マニワ,キビノ マニワ)

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部仏文学科〔大正15年〕卒

経歴
大正15年浦和高(旧制)教授、昭和17年一高教授を経て、24年東京大学教授、37年定年退官。38年青山学院大学教授、44年独協大学学長を歴任。国語問題協議会副会長も務めた。著書に「人生に関する58章」「思考・意欲・愛情」「内的風景派」、訳書にセナンクールオーベルマン」、バルザック「捨てられた女」、「ラ・フォンテーヌ寓話」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

市原 豊太 (いちはら とよた)

生年月日:1902年6月22日
昭和時代のエッセイスト。獨協大学学長;東京大学教授
1990年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android