市古 貞次(読み)イチコ テイジ

20世紀日本人名事典の解説

市古 貞次
イチコ テイジ

昭和・平成期の日本文学者 東京大学名誉教授。



生年
明治44(1911)年5月5日

没年
平成16(2004)年3月25日

出生地
山梨県甲府市

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部国文学科〔昭和9年〕卒

学位〔年〕
文学博士〔昭和29年〕

主な受賞名〔年〕
勲二等旭日重光章〔昭和56年〕,文化功労者〔昭和59年〕,文化勲章〔平成2年〕

経歴
昭和25年東京大学教養学部助教授、29年文学部助教授、32年教授を経て、47年国立国文学研究資料館初代館長に就任。57年退官。室町時代の小説である御伽草子の研究で知られ、その紹介・整理に力を注ぎ独自に体系化した。また国文学関係のデータ収集・整理に努め、「国書総目録」編纂に尽力。平成12年日本学士院院長。著書に「中世小説の研究」「日本文学概論」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市古 貞次の関連情報