コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場介入(Intervention)

外国為替用語集の解説

市場介入(Intervention)

正確には外国為替平衡操作と言う。中央銀行や財務省等の通貨当局が、外国為替相場に影響を与えることを目的に、外国為替市場で通貨間の売買を行うこと。日本では、円相場の安定を実現するために財務大臣の権限において実施され、日銀が財務大臣の代理人として、財務大臣の指示に基づいて為替介入の実務を遂行する。

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報

市場介入(Intervention)の関連キーワード変動相場制(Floating Exchange Rate System)リバタリアニズム(Libertarianism)ポーランド通貨安定化基金外国為替資金特別会計円(日本の貨幣単位)ファンダメンタルズ農産物価格支持制度クリーン・フロートヨーロッパ通貨制度チャイナショック牛肉価格安定制度外国為替相場制度変動為替相場制度固定為替相場制金の二重価格制為替の市場介入畜産振興事業団国際流動性問題国際通貨問題低福祉低負担

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android