コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場介入(Intervention)

1件 の用語解説(市場介入(Intervention)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

市場介入(Intervention)

正確には外国為替平衡操作と言う。中央銀行財務省等の通貨当局が、外国為替相場に影響を与えることを目的に、外国為替市場で通貨間の売買を行うこと。日本では、円相場の安定を実現するために財務大臣の権限において実施され、日銀が財務大臣の代理人として、財務大臣の指示に基づいて為替介入の実務を遂行する。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市場介入(Intervention)の関連キーワード外国為替銀行外国為替公認銀行為替平価為替平衡勘定為銀主義介入為替平衡資金インターベンション(Intervention)欧州中央銀行(European Parliament)介入(Intervention)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone