市場公募債

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

市場公募債

自治体が発行する地方債(借金)の一つ。都道府県や指定市が全国規模で発行する「全国型」と、主に市町村が発行し、住民らが購入する「ミニ公募債」の二つがある。市場で流通する利回りは、発行自治体の信用度に応じて変化するが、大半は国債よりも利率が有利。2001年から実施された財政投融資改革で、地方債に投入される政府系資金が縮小し、発行する自治体が増えた。

(2010-03-06 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android