コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場公募債

1件 の用語解説(市場公募債の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

市場公募債

自治体が発行する地方債(借金)の一つ。都道府県や指定市が全国規模で発行する「全国型」と、主に市町村が発行し、住民らが購入する「ミニ公募債」の二つがある。市場で流通する利回りは、発行自治体の信用度に応じて変化するが、大半は国債よりも利率が有利。2001年から実施された財政投融資改革で、地方債に投入される政府系資金が縮小し、発行する自治体が増えた。

(2010-03-06 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市場公募債の関連キーワード公債地方自治体ミニ公募債公募地方債起債一般会計債公営企業債市場公募地方債地方債の協議制度地方債の繰り上げ償還

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市場公募債の関連情報