コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川右団次(初代) いちかわ うだんじ

1件 の用語解説(市川右団次(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川右団次(初代) いちかわ-うだんじ

1843-1916 幕末-大正時代の歌舞伎役者。
天保(てんぽう)14年7月16日生まれ。4代市川小団次の子。10歳で初舞台,文久2年右団次を名のる。大阪角座を本拠に活躍,中村宗十郎とともに関西歌舞伎大立者といわれた。明治42年市川斎入と改名。早替わりや宙乗りの名手で,翻訳物も演じた。大正5年3月19日死去。74歳。大坂出身。本名は市川福太郎。俳名は家升,米玉。屋号は鶴屋,のち高島屋

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市川右団次(初代)の関連キーワードアロー号ブロッホ歴史小説小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革松尾臣善萩原鐐太郎松尾臣善

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone