コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川右団次(初代) いちかわ うだんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川右団次(初代) いちかわ-うだんじ

1843-1916 幕末-大正時代の歌舞伎役者。
天保(てんぽう)14年7月16日生まれ。4代市川小団次の子。10歳で初舞台,文久2年右団次を名のる。大阪角座を本拠に活躍,中村宗十郎とともに関西歌舞伎の大立者といわれた。明治42年市川斎入と改名。早替わりや宙乗りの名手で,翻訳物も演じた。大正5年3月19日死去。74歳。大坂出身。本名は市川福太郎。俳名は家升,米玉。屋号は鶴屋,のち高島屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市川右団次(初代)の関連キーワード第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネットイースター蜂起牧野省三ライトアメリカ合衆国史(年表)アロー号ブロッホフランツ・ヨーゼフ1世

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android