市川団十郎(11代)(読み)いちかわ だんじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川団十郎(11代) いちかわ-だんじゅうろう

1909-1965 大正-昭和時代の歌舞伎役者。
明治42年1月6日生まれ。7代松本幸四郎の長男。大正4年初舞台。昭和4年9代市川高麗蔵(こまぞう)を,15年5代市川三升の養子となり9代市川海老蔵(えびぞう)を名のる。荒事(あらごと)を得意とし,「海老さま」とよばれ,戦後歌舞伎のスターとなる。37年11代を襲名。昭和40年11月10日死去。56歳。東京出身。本名は堀越治雄。初名は松本金太郎。屋号は成田屋。
【格言など】プロンプターがつくような非良心的な演技では銭はとれない(常に口にしたことば)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android