市川団十郎(12代)(読み)いちかわ だんじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川団十郎(12代) いちかわ-だんじゅうろう

1946-2013 昭和後期-平成時代の歌舞伎役者。
昭和21年8月6日生まれ。11代市川団十郎の長男。昭和28年初舞台。60年12代市川団十郎を襲名,家の芸である「歌舞伎十八番」の荒事(あらごと)を中心に江戸歌舞伎の現代への継承につとめる。平成元年芸術院賞。初代団十郎が元禄16年に演じた「成田山分身不動」を平成4年に上演。19年フランス芸術文化勲章コマンドールを受章。同年菊池寛賞。24年芸術院会員。平成25年2月3日死去。66歳。東京都出身。日大卒。本名は堀越夏雄。初名は市川夏雄。前名は市川新之助(6代),市川海老蔵(10代)。屋号は成田屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android