コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川団蔵(5世) いちかわだんぞうごせい

1件 の用語解説(市川団蔵(5世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市川団蔵(5世)
いちかわだんぞうごせい

[生]天明8(1788)
[没]弘化2(1845)
歌舞伎俳優。屋号三河屋。4世市川団蔵の養子。4世市川団三郎,市川市紅を経て,文政2 (1819) 年5世を襲名。芸域が広く,かつ技芸にすぐれ,写実的な芸風で新演出を試み,俗に渋団と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市川団蔵(5世)の関連キーワード河崎清厚土師掻安横田柳几山本実睹四辻公亨勃・歿・没池田斉稷片山恬斎英一蜂(2代)葭蘆仲住

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone