コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川団蔵(6代) いちかわ だんぞう

1件 の用語解説(市川団蔵(6代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川団蔵(6代) いちかわ-だんぞう

1800-1871 江戸後期-明治時代の歌舞伎役者。
寛政12年生まれ。初代市川荒五郎の子。7代市川団十郎に入門。立役(たちやく)と女方をかね,江戸と上方を往復しつつ名をたかめる。5代団蔵の養子となり,嘉永(かえい)5年6代を襲名。晩年は脇役と老役(ふけやく)に転じた。明治4年10月22日死去。72歳。江戸出身。初名は市川三蔵。前名は市川茂々太郎(初代),白蔵,九蔵(2代)。俳名は三猿,団猿。屋号は三芳屋,三河屋

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市川団蔵(6代)の関連キーワード廃藩置県インド哲学モルトケ新教育高田藩北海道開拓定率減税水俣病第1次訴訟辛酉教獄正祖

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone