コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川寿海(3代) いちかわ じゅかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川寿海(3代) いちかわ-じゅかい

1886-1971 明治-昭和時代の歌舞伎役者。
明治19年7月12日生まれ。27年初舞台。40年養父の5代市川寿美蔵(すみぞう)をつぎ6代。2代市川左団次一座で女方,二枚目として活躍。戦後は関西歌舞伎にうつり,昭和24年3代寿海を襲名。「新平家物語」など新作劇に好演した。35年人間国宝。芸術院会員文化功労者。昭和46年4月3日死去。84歳。東京出身。本名は太田照造。屋号は成田屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市川寿海(3代)の関連キーワード歌舞伎役者昭和時代明治

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android