コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川左団次(二代) いちかわ さだんじ

1件 の用語解説(市川左団次(二代)の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

市川左団次(二代)

歌舞伎俳優。江戸生。本名高橋栄次郎、俳名莚升・松莚・杏花。初代の子。父の芸風を継ぎ線の太い大まかな演技で独自の風格を示す。外遊から帰国後、松井松翁・岡本綺堂等の新脚本を上演し新歌舞伎といわれるジャンルを開拓、小山内薫と組み自由劇場旗揚げし、演劇史上に大きく影響した。当り役は「毛抜」「修禅寺物語」の夜叉王、「鳥辺山心中」の半九郎等。昭和15年(1940)歿、59才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市川左団次(二代)の関連キーワード二代目市川団十郎市川団十郎(八代目)中村歌右衛門(五代目)尾上菊五郎(六代)高橋栄子路考茶歌舞伎子歌舞伎役者名題下路考

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone