コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川左団次(二代) いちかわ さだんじ

美術人名辞典の解説

市川左団次(二代)

歌舞伎俳優。江戸生。本名高橋栄次郎、俳名莚升・松莚・杏花。初代の子。父の芸風を継ぎ線の太い大まかな演技で独自の風格を示す。外遊から帰国後、松井松翁・岡本綺堂等の新脚本を上演し新歌舞伎といわれるジャンルを開拓、小山内薫と組み自由劇場を旗揚げし、演劇史上に大きく影響した。当り役は「毛抜」「修禅寺物語」の夜叉王、「鳥辺山心中」の半九郎等。昭和15年(1940)歿、59才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

市川左団次(二代)の関連キーワード尾上多賀之丞(3世)市川 莚升(3代目)市川左団次(4代)尾上菊五郎(5世)沢村宗十郎(8世)市川左団次(4世)市川段四郎(3代)市川莚升(3代)市川寿海(3代)河原崎長十郎市川 莚十郎市川 松三郎河竹黙阿弥中村又五郎浅利 鶴雄久保田米斎市川小団次市川左団次尾上菊五郎池田大伍

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android