コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川左団次二世 いちかわさ だんじ

江戸・東京人物辞典の解説

市川左団次二世

1880〜1940(明治13年〜昭和15年)【歌舞伎役者】稀代の名優初代と海を渡った二世。 二代で歌舞伎を世界のKABUKIに革新。歌舞伎俳優。屋号は高島屋。初世(1802〜1904)は大阪生まれ。男性的な口跡と立ち回りで、九世市川団十郎・五世尾上菊五郎とともに「団菊左」と並び称された。晩年明治座の座主となり、明治の開花風俗を取り入れた散切物を興業するなど歌舞伎の革新を行った。初代の子二世(1880〜1940)は、1906年(明治39)欧米に渡り、帰国後小山内薫と自由劇場を創立。歌舞伎十八番の復活上演や1928年(昭和3)ロシア歌舞伎公演など、歌舞伎と近代演劇に大きな足跡を残した。(三世は6代市川門之助の養子で、6代尾上菊五郎没後に菊五郎劇団を継いだ。現代まで四世を数える。)

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android