市川段四郎(4代)(読み)いちかわ だんしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川段四郎(4代) いちかわ-だんしろう

1946- 昭和後期-平成時代の歌舞伎役者。
昭和21年7月20日生まれ。3代市川段四郎の次男。昭和32年初舞台。44年4代市川段四郎を襲名。兄の3代市川猿之助の古典歌舞伎復活に協力する。骨格のふとい役を中心に老役(ふけやく),敵役をつとめる。平成21年松尾芸能賞松尾国三賞。東京出身。慶大卒。本名は喜熨斗(きのし)弘之。初名は市川亀治郎(初代)。前名は市川団子(4代)。屋号は沢瀉(おもだか)屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android