コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川猿之助(3代) いちかわ えんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川猿之助(3代) いちかわ-えんのすけ

1939- 昭和後期-平成時代の歌舞伎役者。
昭和14年12月9日生まれ。3代市川段四郎の長男。祖父の2代市川猿之助らに師事し,昭和22年初舞台。38年3代市川猿之助を襲名。41年より「春秋会」を主宰し,古典歌舞伎の復活につとめる。61年新作のスーパー歌舞伎ヤマトタケル」を初演。平成11年7作目の「新・三国志」を発表。オペラの演出も手がける。13年藤間紫と結婚。15年脳梗塞で倒れる。22年文化功労者に選ばれる。24年2代市川猿翁を襲名。25年若手の育成に貢献したとしてモンブラン国際文化賞。東京出身。慶大卒。本名は喜熨斗(きのし)政彦。初名は市川団子(3代)。屋号沢瀉(おもだか)屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市川猿之助(3代)の関連キーワード歌舞伎役者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android