コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川猿之助(3代)(読み)いちかわ えんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川猿之助(3代) いちかわ-えんのすけ

1939- 昭和後期-平成時代の歌舞伎役者。
昭和14年12月9日生まれ。3代市川段四郎の長男。祖父の2代市川猿之助らに師事し,昭和22年初舞台。38年3代市川猿之助を襲名。41年より「春秋会」を主宰し,古典歌舞伎の復活につとめる。61年新作のスーパー歌舞伎ヤマトタケル」を初演。平成11年7作目の「新・三国志」を発表。オペラの演出も手がける。13年藤間紫と結婚。15年脳梗塞で倒れる。22年文化功労者に選ばれる。24年2代市川猿翁を襲名。25年若手の育成に貢献したとしてモンブラン国際文化賞。東京出身。慶大卒。本名は喜熨斗(きのし)政彦。初名は市川団子(3代)。屋号沢瀉(おもだか)屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android