コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川猿之助(3代) いちかわ えんのすけ

1件 の用語解説(市川猿之助(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川猿之助(3代) いちかわ-えんのすけ

1939- 昭和後期-平成時代の歌舞伎役者。
昭和14年12月9日生まれ。3代市川段四郎の長男。祖父の2代市川猿之助らに師事し,昭和22年初舞台。38年3代市川猿之助を襲名。41年より「春秋会」を主宰し,古典歌舞伎の復活につとめる。61年新作のスーパー歌舞伎ヤマトタケル」を初演。平成11年7作目の「新・三国志」を発表。オペラの演出も手がける。13年藤間紫と結婚。15年脳梗塞で倒れる。22年文化功労者に選ばれる。24年2代市川猿翁を襲名。25年若手の育成に貢献したとしてモンブラン国際文化賞。東京出身。慶大卒。本名は喜熨斗(きのし)政彦。初名は市川団子(3代)。屋号は沢瀉(おもだか)屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

市川猿之助(3代)の関連キーワード歌舞伎役者市川左団次(4代)市川段四郎(4代)片岡我当(5代)郡司正勝沢村藤十郎(2代)中村歌六(5代)中村芝雀(7代)中村時蔵(5代)中村梅玉(4代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone