コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川翠扇(3代) いちかわ すいせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川翠扇(3代) いちかわ-すいせん

1913-1978 昭和時代の新派女優。
大正2年12月16日生まれ。父5代市川新之助,母市川旭梅のひとり娘。昭和4年市川紅梅の名で歌舞伎座初舞台。6代尾上菊五郎の日本俳優学校をへて,6年新派に転じた。32年伯母の2代翠扇から市川流舞踊の3代をつぐ。戦後は初代水谷八重子をたすけ,新派の副将格。昭和53年9月27日死去。64歳。東京出身。本名は堀越貴久栄。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市川翠扇(3代)の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android