コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川荒五郎(初代) いちかわ あらごろう

1件 の用語解説(市川荒五郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川荒五郎(初代) いちかわ-あらごろう

1759-1814* 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者。
宝暦9年生まれ。6代市川団蔵の父。初代中村粂太郎の門人。中村直吉の名で上方の舞台に出演。のち江戸にうつり,寛政10年4代市川団蔵に入門,市川荒五郎を名のる。享和元年名題(なだい)に昇進。立役(たちやく)で若衆方もかね,和実を得意とした。文化10年閏(うるう)11月13日死去。55歳。前名は中村粂次郎,佐野川市松(3代)。俳名は盛府,市丸。屋号は三芳屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市川荒五郎(初代)の関連キーワードブルボン朝葛飾北斎ナポリ王国森田勘弥奈破崙竹垣直温エイズボル憲法ルイ[18世]ネパール戦争ノルウェー文学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone