コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川 段四郎(2代目) イチカワ ダンシロウ

20世紀日本人名事典の解説

市川 段四郎(2代目)
イチカワ ダンシロウ

明治・大正期の歌舞伎俳優



生年
安政2年7月21日(1855年)

没年
大正11(1922)年2月6日

出生地
江戸・浅草馬道酉寺(東京都台東区)

本名
喜熨斗 亀次郎

別名
初名=市村 長松,前名=坂東 羽太作,山崎 猿之助,松尾 猿之助,市川 猿之助(イチカワ エンノスケ),俳名=笑楽,寿猿

屋号
沢瀉屋

経歴
13代市村羽左衛門(後の5代菊五郎)の門弟となり、市村長松を名のる。文久2年市村座で大芝居初舞台。5代坂東彦三郎の門を経て、明治3年河原崎権之助(後の9代団十郎)の門に転じた。7年中島座で「勧進帳」を無断上演して破門され、旅芝居などを転々。13年大阪戎座、15年京都北側芝居、17年大阪中の芝居などで好評。19年帰京、21年吾妻座座頭となり、23年破門を許され、市川猿之助と改名。24年名題役者格に昇進、歌舞伎座の「出世景清」に出演したが、33年以降東京座に拠った。38年歌舞伎で「勧進帳」弁慶を演じた。40年同座幹部技芸委員、43年10月2代目市川段四郎を襲名した。当たり役は「勧進帳」弁慶、「在原系図」の蘭平、「忠臣蔵」平右衛門など。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

市川 段四郎(2代目)
イチカワ ダンシロウ


職業
歌舞伎俳優

本名
喜熨斗 亀次郎

別名
初名=市村 長松,前名=坂東 羽太作,山崎 猿之助,松尾 猿之助,市川 猿之助(イチカワ エンノスケ),俳名=笑楽,寿猿

屋号
沢瀉屋

生年月日
安政2年 7月21日

出生地
江戸・浅草馬道酉寺(東京都 台東区)

経歴
13代市村羽左衛門(後の5代菊五郎)の門弟となり、市村長松を名乗る。文久2年(1862年)市村座で大芝居初舞台。5代坂東彦三郎の門を経て、明治3年河原崎権之助(後の9代団十郎)の門に転じた。7年中島座で「勧進帳」を無断上演して破門され、旅芝居などを転々。13年大阪戎座、15年京都北側芝居、17年大阪中の芝居などで好評。19年帰京、21年吾妻座座頭となり、23年破門を許され、市川猿之助と改名。24年名題役者格に昇進、歌舞伎座の「出世景清」に出演したが、33年以降東京座に拠った。38年歌舞伎で「勧進帳」弁慶を演じた。40年同座幹部技芸委員、43年10月2代目市川段四郎を襲名した。当たり役は「勧進帳」弁慶、「在原系図」の蘭平、「忠臣蔵」平右衛門など。

没年月日
大正11年 2月6日 (1922年)

家族
父==坂東 三太郎(立師),長男=市川 猿之助(2代目 猿翁),三男=市川 中車(8代目),五男=市川 小太夫(2代目),孫=市川 段四郎(3代目)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone