市川 白弦(読み)イチカワ ハクゲン

20世紀日本人名事典の解説

市川 白弦
イチカワ ハクゲン

昭和期の禅学者 花園大学名誉教授。



生年
明治35(1902)年2月28日

没年
昭和61(1986)年6月7日

出生地
岐阜県加茂郡和知村

本名
市川 利水(イチカワ トシミズ)

学歴〔年〕
臨済宗大学(現・花園大学)〔大正15年〕卒

経歴
久松真一に師事し、臨済宗の僧籍を得て、母校で教鞭をとり、花園大学教授となる。52年から7年間京都市教育委員を務めた他、宗教者の平和運動や、べ平連にも参加した。39年から禅文化研究所員、48年花園大学を退職、名誉教授となる。著書に「禅と現代思想」「仏教者の戦争責任」「一休」、訳書にツェルバッキー「仏教哲学概論」など。他に「市川白弦著作集」(全4巻 法蔵館)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android