市川 百々之助(読み)イチカワ モモノスケ

20世紀日本人名事典の解説

市川 百々之助
イチカワ モモノスケ

大正・昭和期の俳優



生年
明治39(1906)年5月8日

没年
昭和53(1978)年1月15日

出身地
広島市

本名
上田 直正

別名
別名=百々木 直

経歴
明治44年、市川中軍の門に入り初舞台を踏む。大正7年から少年俳優が演じる歌舞伎劇のスターとして浅草などで出演。11年に帝キネ小阪撮影所に入社する。初めての作品は当時流行の切支丹物「異端者の恋」で、チャンバラ流行の時代にあって人気者となる。その後も美剣士スターとして活躍、年に20本内外の作品に主演した。昭和5年帝キネを退社し、舞台専門の旅興行に出るが、7年河合映画に入社。翌年には日活太秦に移り、「赤垣源蔵と堀部安兵衛」に出演、初の汚れ役として話題を集めた。戦後は百々木直と改名、東映時代劇などに出演した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

市川 百々之助
イチカワ モモノスケ


職業
俳優

本名
上田 直正

別名
別名=百々木 直

生年月日
明治39年 5月8日

出身地
広島県 広島市

経歴
明治44年、市川中軍の門に入り初舞台を踏む。大正7年から少年俳優が演じる歌舞伎劇のスターとして浅草などで出演。11年に帝キネ小阪撮影所に入社する。初めての作品は当時流行の切支丹物「異端者の恋」で、チャンバラ流行の時代にあって人気者となる。その後も美剣士スターとして活躍、年に20本内外の作品に主演した。昭和5年帝キネを退社し、舞台専門の旅興行に出るが、7年河合映画に入社。翌年には日活太秦に移り、「赤垣源蔵と堀部安兵衛」に出演、初の汚れ役として話題を集めた。戦後は百々木直と改名、東映時代劇などに出演した。

没年月日
昭和53年 1月15日 (1978年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android