市村 慶三(読み)イチムラ ケイゾウ

20世紀日本人名事典の解説

市村 慶三
イチムラ ケイゾウ

大正・昭和期の地方官



生年
明治17(1884)年2月

没年
昭和34(1959)年1月8日

出身地
京都府

旧姓(旧名)
古川

学歴〔年〕
東京帝大卒

経歴
福井、愛媛、三重、鹿児島各県知事を経て、昭和11年京都市長。鴨川、高野川治水事業を推進し、大京都振興審議会設置などに尽くした。また二条城の京都市移管を実現。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android