コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市村竹之丞(初代) いちむら たけのじょう

1件 の用語解説(市村竹之丞(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市村竹之丞(初代) いちむら-たけのじょう

1654-1718 江戸時代前期の歌舞伎役者,座元。
承応(じょうおう)3年生まれ。3代市村宇左衛門の甥(おい)。寛文3年ごろ宇左衛門の養子となり,竹之丞を名のる。若衆方,のち立役(たちやく)。玉川主膳との相座元をへて,7年ごろ江戸市村座の座元初代となる。市村宇左衛門(4代)。延宝7年出家,本所自性院にはいった。享保(きょうほう)3年10月10日死去。65歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市村竹之丞(初代)の関連キーワード安保理決議1695と1718後光明天皇御義口伝後光明天皇かつら市村竹之丞市村羽左衛門国連安保理決議と議長声明カール[12世]カール

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone